2006年12月26日

“ソウルの帝王”ジェイムス・ブラウン逝去・・

世界中のミュージック界に影響を与えた20世紀最大のスターの一人
ゴッドファーザー・オブ・ソウル ことJB
ジェイムス・ブラウン (James Brown)が享年73歳で亡くなりました。

アトランタのEmory Crawford Long Hospitalで
現地時間の25日月曜日、クリスマスのこの日
早朝 1時45分頃に亡くなったと
彼の代理人であるFrank Copsidas氏が発表した。

24日、肺炎で入院を余儀なくされたJBだが
これまでも精力的なコンサート活動を続けていた。
今週はコネチカットのWaterbury、
またニュージャージーのEnglewoodとRed Bunkで
それぞれライブを行う予定になっていたため
入院時には
「週末のライブまでには治してツアーを続けるよ」
とコメントしていたという。

――正確な死因はまだ不明。


ジェイムス・ブラウン

1933年5月3日生まれ
1960年代からアメリカのブラックミュージックを代表する存在として活躍。

・Sex Machine
・I Feel Good
・Cold Sweat
・Give it up, or Turn it Loose
・Say it Loud, I'm Black & I'm Proud
・Please, Please, Please
など多数のヒット曲を持ち、ファンク・ミュージック創始者として知られている。


彼が生み出してきたリズムとグルーブ
黒人の苦しみや悲しみを魂の叫びとして音楽で表現したJB。

彼のその魂は人種・音楽のジャンルを超えて
世界中のアーティストに計り知れない影響を与えた。
そしてこれからも消えることなく続いていく・・。


私も・・JBの人生、魂の叫び、彼の創りだした音楽に
言葉には言い表せないぐらいの影響を受けてきました。

この素晴らしい言霊や音楽を教えてくれた
尊敬する師匠、Soul family
きっと普段と変わらず
JBの曲を聴いているでしょう、プレイしてるでしょう・・涙をこらえて…。



私も、音楽で表現していく者の一人として
JBのSOULをずっと伝えていきます。
ご冥福をお祈りします。

In the Jungle Groove
James Brown
B00009EJC5

試聴できます
このアルバムが一番好きです。

にほんブログ村 テレビブログへ
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。