2006年08月13日

「アイスきゅうり」がね、無性に食べたくなった。

なぜかというと、かれこれ1ヶ月前のこと『きらきらアフロ』の番組でも紹介されていた「アイスきゅうり」が最近違うテレビ局でまたまた紹介されていたからだ。
この京都の洛北、大原名物の「アイスきゅうり」
どんなものかというと
夜店のチョコバナナのように割り箸にささった1本まるごとのきゅうり。
氷をはった樽の中に、気持ちよさそうにぷかぷかと浮かんで売られている。なんとも涼しげ。
販売していたのはお漬け物の専門店「志ば久」さん。
「じゃ、作ってみようひらめき」と、早速近所のスーパーへ。
ラッキーなことにめちゃ安 !3本で「え?69円」
(主婦&節約生活をしているみなさまにはこれじゃ高い!!と言われるかもしれないが)
速攻購入したものの、きゅうりを手に入れたことに満足したchaiはそのまま自宅冷蔵庫へ放置。
次の日も仕事にかこつけて・・。
2日経って思い出したかのように冷蔵庫の野菜室からきゅうりを取り出し、先端を切ってみた。
「・・?黄色い」
で、中心にむかって切っていったがいっこうにみずみずしい白い色にはお目にかかれない。
ただ輪切りにされただけのきゅうり。もちろん切り口はすべて黄色。
残りの2本も同じくバッド(下向き矢印)傷んでしまっていたのだもうやだ〜(悲しい顔)

未熟〜〜!!(下北サンデーズ:上戸彩演じる ゆいか風)

頭に浮かぶのはあの「アイスきゅうり」
こうなったらお漬け物の専門店「志ば久」さんにお願いしよう・・。


ice_kyuuri.jpg

これがうわさの名物【アイスきゅうり】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。