2006年08月22日

9月下旬!待ちに待った「あの牛丼」が食べられる!!

アメリカ産牛肉が輸入再開されましたあー(長音記号1)exclamation
これでようやく夢にまで出てきた「吉野家の牛丼」を食べることができるのだ揺れるハート

しかしこの輸入再開に関してchaiのように牛丼復活!で、喜んでいる人がいる反面
「本当に安全なの?」
「また同じことのくり返しにならない?」
と、安心して食べられるのかどうか不安だという声も聞く。
日本消費者連盟などが主な食品関連企業24社に聞いた調査でも大半は慎重な姿勢を示しているらしい。

牛肉問題でニュースなどでも良く耳にした「特定危険部位」
日本では、舌や頬肉を除く「頭部、扁桃、脊髄、脊柱、回腸遠位部」が危険部位。
これらの部分は、国際獣疫事務局(OIE)によって定められた国際基準に従い
輸入時に完全に取り除かれているので、安心だと考えていいらしい。
また、日本側も当分の間、全箱を開いて検査を行うなど、条件違反の再発防止対策を強化し合格すれば近日中に店頭で販売されることになるという。

「公正な判断のもとで、基準をクリア」で商品がお店にならぶ。

このアメリカ産牛肉輸入再開問題。
『生命に関わる危機』と言う点では遠く離れてしまうが
ちまたでは
「激安で良心的なお店!いい子そろってますよ〜」
また、
「絶対安心!!これしかない!今ならお得で●●●●もらえる!!」
など、人生を180°変えてしまうような落とし穴はいたるところにある。

「食べる」にしても「食べない」にしても自由でいいんじゃないかとchaiはおもう。
「食べたいけど心配」なら「しっかり表示を確認」で、どうなのよexclamation&question
最終的には自分で選択するわけですからねぇ。
安心して美味しく食べるにはそこそこ学習しなければと調べてみた。
やっぱ自分の身は自分で守らなくちゃ! なんてねるんるん


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。